案内女性

火災の時に役立つ保険

説明

未来住まいるを提供している富士火災はホットラインや自由設計の火災保険で人気があります。またオプションも充実していて、個人賠償責任特約や類焼保証特約といった保険を付属できるのです。安全に利用したいなら利用してみましょう。

Read More...

加入しておくべきなのか

相談

海外旅行に行くときに海外旅行保険に加入すると余計な費用が掛かると考えてしまうかもしれませんが、海外では日本で当たり前だと思っていることが通じないケースが多く、万が一の際に慌ててしまうことが多いのが現状です。万が一の時のために海外旅行保険に加入しておくのが安心です。

Read More...

海外旅行の保険に入るなら

ウーマン

三井住友海上の海外旅行保険はインターネットを利用すると、更にお得な価格で加入することができる保険です。サポートも手厚くなっており、現地でお金を立て替える必要もなく電話サポートも24時間対応しています。

Read More...

トラブルを保証する保険

OL

おそらく一般の人は、不動産物件を調べる時に初めて瑕疵という言葉を耳にすることが多いでしょう。瑕疵というのは簡単に言うと、欠陥とかキズなどで、家屋機能の一部が損なわれていることを指します。不動産の場合、たいてい新築物件に関しては通常に使用している範囲で10年間の瑕疵責任が売主側に課せられます。では中古住宅ではどうでしょうか。中古住宅の場合、住んでいる年数によって必ず劣化が現れます。こういった住宅の劣化は必ず買主側に伝える義務があります。伝えた部分については万が一何かあった場合でも瑕疵担保責任の対象にはなりません。また、知っていたにも関わらず、あえて伝えない場合は瑕疵ではなく詐欺という扱いになります。中古住宅における瑕疵は、売主側も全く予想できなかった目に見えない隠れた部分だけに適用されるのです。

不動産の瑕疵保険は、加入することで買う側も売る側もそして、不動産会社側もいろいろなメリットがあります。売主側としては保険に加入しておくことによって売った時に、万が一トラブルが発生した場合でも、保険に一任できるので不安から解消されます。また、住宅診断を受けることになるので、安心感をアピールできます。買主側は保険に加入しておけばトラブルが発生しても保証は保険会社がしてくれるので、確実にお金を受け取ることができます。また、住宅診断を受けている物件であることから、欠陥の可能性が少なく購入時にも安心です。不動産会社側は万が一トラブルが発生した場合の交渉を保険側に任せられるので、不安要素が少なくなりますし、宣伝の際にも大きなアピールポイントになります。